中古住宅はリフォームするのがお勧めです

中古住宅はリフォームするのがお勧め 中古住宅の良いところは、なんと言ってもコストが安く手に入ること。
言い方を変えれば、「マイホームへの近道」とも言えるかもしれません。
ところで、この中古住宅、リフォームしないで住んでいると、思いのほかコスト高になることもあるのです。
例えば外壁や窓を考えて見ましょう。
外壁や窓は、直接外気にさらされ、また、直射日光などから、中に住んでいる人を守っているとも言えます。
この外壁や窓、塗装や使っているガラスの仕様などで、実は家の「断熱」に関してメリットが違うのです。
外壁の塗料などは、仮にもともとが遮熱性の塗料を使っていたとしても、年月が経てば当然劣化し、最初の性能が出せない場合があるのです。
また、窓ガラスで言えば、仕様の古い窓の場合、新しい窓よりも断熱性が落ちる場合も考えられます。
断熱性が低いと、当然光熱費がかかります。
コスト的に不利です。
この場合のお勧めするリフォームは、外壁塗装と窓の交換になる訳ですが、遮熱性の高い塗料、そして窓ガラスの導入により、前の状態よりも低コストで過ごせる訳です。
今挙げたのは、あくまでも「例」です。
他の箇所のリフォームも多くのメリットがあると言えます。
ですから、住宅のリフォームはお勧めです。

中古住宅をリフォームするときには床暖房がおすすめ

中古住宅リフォームは床暖房がおすすめ 中古住宅をリフォームする時は床暖房を設置することをおすすめします。
暖房設備が充実している住宅でも、地面の冷気から室内はなかなか温まりにくいのです。
ですが床暖房を設置することによって、一度フローリングを剥がして、その下に断熱材を組み込むため、たとえ電源を入れなくても、地面からの冷気が伝わりにくくなります。
また、通常の暖房器具は一部分からだけ温かい空気を出して温めるだけなので、部屋全体が温まるには時間がかかりますし、風の当たる場所が主に温かく、フローリングの上は冷たいままであることがほとんどです。
しかし床暖房はフローリング表面が全体的に温まるために、足元は常にポカポカとし、温められたフローリングからの熱が部屋全体を温めてくれるので、エアコンの温度設定がそんなに高くなくても快適な温度を維持でき、電気代の節約にもつながります。
床暖房にも種類があり、温水循環式と電気ヒーター式と主にふたつに分類されます。
電気ヒーター式のものは設置費用が安いのですが、ランニングコストが少し割高です。
温水循環式は電気、ガス、灯油などで温水をつくり温める方式で、使用する燃料によってランニングコストが異なるのが特徴です。
中古住宅をリフォームする際は、種類とコストを比較して長い目で見て選びましょう。

おすすめリフォーム関連リンク

中古住宅や、レトロな中古マンションリノベーションなど、イメージに合わせてオリジナルで組み上げてくれます。

中古住宅 リフォーム 京都

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>